情報誌「イエノワ」2023年・冬号を発刊しました

イエノワ2023年・冬号「住まいとウェルビーイング」
目次

「イエノワ」を発刊する理由

不動産業務に携わる日々の中で、私たちだけでなく、お客様にも「知識を備えて行動すること」の大切さを伝えていきたいと日頃から思っております。

おかげさまで、弊社は籠原駅エリアにて約300戸近くの賃貸物件を管理させていただいております。ご入居者の中には、賃貸からマイホームへの飛躍を考えている方が少なくありません。そのようなお客様に対して、マイホームを購入するにあたって事前に知っておいた方が良いことを定期的に発信していくことに意義を感じ、情報誌「イエノワ」を発刊することとなりました。

「事前に知っておけば、こんなことにならなかったのに」とならないように、「事前に知っていたから納得のいく購入ができた」というお客様がたくさん増えるように、不動産に関わる知識を伝えていくことをテーマにしています。

イエノワとは、家の話。
家の話(わ)の情報が、「知恵の輪」となり、「家の和」を実現すること。そんな願いを、本誌の名前に込めました。

イエノワとは、家の話。
サカイ・エージェンシーは、地域に根ざした不動産会社を目指しています。
家の話(わ)の情報が、「知恵の輪」となり、「家の和」を実現すること。そんな願いを、本誌の名前に込めました。

「イエノワ」配布対象先について

弊社が管理している賃貸物件(ファミリータイプ)にお住まいの方々限定で、約200部を無料配布させていただいております。お手元に届いていない方や弊社管理物件以外にお住まいの方で、ご希望の方には数量限定で無料進呈いたします。ぜひお気軽にお答えがけいただければと存じます。
今のところ、年4回のペースで発刊・配布したいと考えております。

「イエノワ」を読んで、不動産リテラシーを養ってほしい

クラウド営業管理/MAツール ネクス...
リテラシーとは?意味や正しい使い方を解説 | SFA JOURNAL
リテラシーとは?意味や正しい使い方を解説 | SFA JOURNALみなさんは「リテラシー」の意味を正しく理解したうえで活用できていますか? もしかしたら勘違いで、全然違う意味で使っているかもしれません… 今回はそんな「リテラシー...

リテラシーという言葉が、「ITリテラシー」というように応用され、耳にするあるいは目にする機会が増えているかと思います。もともとは、英語の「literacy」からきており、「読み書きの能力」や「識字力」と訳されています。
その意味合いから「その知識や能力を有効活用する能力」のことを指す言葉として使われているようです。

サカイは、お客様に「不動産リテラシー」を養ってほしいと思っています。
不動産に関する情報(物件情報)だけでなく、しっかりとした知識を備えることが、不動産リテラシーを養うために必要なことだ考え、「イエノワ」を読んでいただくことで、不動産関連の知識を得ていただきたいと思います。

知識がなかったせいで、深く考えなかったせいで、「困った。どうしよう」という思いをしないように。
あるいは、困ったときにはすでに手遅れ、とならないように。

「知識を得る」→「対応方法がわかる」→「不動産リテラシーが身につく」という形が理想的です。
サカイとお客様との情報格差が少なければ少ないほど、不動産取引は良い成果を生むと信じています。その格差を埋めるてくれるものこそが、不動産リテラシーです。

2023年・冬号テーマ「住まいとウェルビーイング」

【住まいとウェルビーイング -家と環境のバランスで見る「住まい」選び-】 というテーマにした理由は、マイホームとして新築住宅を選ぶことは、果たして「正解」と言えるのか、自分なりに思い悩むことがあったからです。

つまり、住まいを選ぼうとするときに、建物すなわち「家」のことにばかり目が行ってしまい、生活すなわち「環境」のことまで深く吟味できないままマイホーム計画が進んでしまう人が少なくないのではないか、ということです。

「住まい」を単に家そのものと考えるだけでなく、「家+環境」と考え視野を広げてみてください。
環境も視野に入れ、自分にとって最適なバランスを見つけることが、住まい探しの肝になります。そして、家と環境の調和を意識した住まい探しは、暮らし方・生き方を考えることに繋がるはずです。

つまり、マイホーム購入をきっかけに環境をより良く変えるチャンスがあるということです。
良い環境へシフトすることによって、その後の生活あるいは人生に良いイメージを抱けるようになる。
せっかく住まいを変えようとするならば、環境という選択肢は広げるべきだと思います。

すると、新築だけでなく中古も「正解」になり得るということがわかってきます。
住まい探しにおいて、環境の選択肢を広げるということは、色々なエリアの中古物件を探してみるということにもなるのです。

イエノワ2023年・冬号「住まいとウェルビーイング」
移住希望地ランキングに近い環境は、埼玉県内で見つけることもできます。もちろん、あえて県外に移住するのもアリです。

ウェルビーイングって何?

イエノワ2023年・冬号「住まいとウェルビーイング」
ウェルビーイング(自分らしく幸せに生きられること)を推進している富山県の風景

ウェルビーイングとは、心も身体も社会的にも”満たされた状態”、実感としての幸せ、心の豊かさなどを表す言葉です。
一人ひとりの幸せ、豊かな人生とは何か、「十人十色の幸せの実感」と言い換えることもできるようです。

調べていたら、富山県はこの「ウェルビーイング」を県の成長戦略として考え「自分らしく幸せに生きられること」を人々に推進していることがわかりました。
環境を「富山」とした住まい探しも良さそうだな、と思えてきます。

そうやって選択肢を広げていくことも、オススメしたいと思います。
選択肢を増やすことによって、可能性が広がります。可能性を感じることで、夢や目標を持つようになります。

「家を買うことが目的になっていて、ウェルビーイングが見えなくなっていませんか?」

不動産屋であるサカイが、あえて皆さんに問いかけます。サカイは、家を売ることを目的としていないからです。サカイを介して家を購入されたお客様が喜ぶ顔を見たい、お客様と物件とが良いご縁で結ばれる瞬間に立ち会いたい、サカイ・エージェンシーの不動産会社としての狙いはそこにあります。

「イエノワ」配布スポットを募集中です

先述のとおり「イエノワ」は年4回のペースで発刊予定となっており、弊社が管理している賃貸物件(ファミリータイプ)に限定して配布しております。
今後より多くの方々にお読みいただけたらと思っております。
この「イエノワ」を、店頭に置いてやっても良いよと言って応援してくださるお店の店主さん・スタッフさん、もしいらっしゃいましたら是非サカイへお声がけください。
家の話で、みんなの輪が広がっていくことを願っております。

この記事を書いた人

酒井毅のアバター 酒井毅 代表取締役

1984年生まれ。生まれも育ちも熊谷市。

最近ハマっていることは、ダイエットと読書です。
Kindle(Amazonの電子書籍)で本を読むのは快適ですね。

プロ野球も、日々チェックしています。
セ・リーグよりも、パ・リーグが好きです。

目次
閉じる